top of page
Search

折り鶴プロジェクト:Origami Crane Project!


 
 


折り鶴プロジェクト。


日本語とらのまき。はい、始まりました。日本語とらのまき まきこです。このポッドキャストは、日本語教師のまきこど、高校生のとらとでお送りしています。今日は1人で録っています。


音楽の方を新しくしてみましたが、どうですか。夏っぽい音楽っていうか、そのままね、タイトルが夏だ!海だ!っていう名前の音楽を使ってみたんですけど、どうですかね、夏っぽいですかね。今日本では、毎日とっても暑くて、毎日毎日、熱中症の警報が出ていますが、皆さんの国ではどんな感じですか。


とらくんは無事にメルボルンにつきました。そして楽しく学校生活を送っています。今日はそのとらくんが今行っている折り鶴プロジェクトというのがあるので、そのことについて、説明したいと思います。そのプロジェクトのね、折り鶴プロジェクトのについてのメッセージをもらっているので、ここで皆さんと共有したいと思います。


はい。日本語がちょっと難しくて理解できないかった方用にも、みゅうちゃんから英語バージョンのメッセージも録音してもらっているので、ぜひそちらも聞いてみてください。ではまずとらくんのメッセージの方を読み上げたいと思います。


こんにちは、とらです。僕は今度、修学旅行で長崎の平和公園に行くんですけど、そのときに鶴を送りたいので、鶴を折ってくださる人を募集します。きっかけとしては、近年のウクライナ情勢の受けて、ごめんなさい、近年のウクライナ情勢を受けて、今一度平和を見直したいと思ったからです。

目標は千羽。いや、1万羽鶴です。期間は8月末までです。大人のちょっとした夏休みの宿題としていかがでしょうか?お友達や周りの人にも声をかけてくださり、たくさんの人に協力していただけると嬉しいです。参加してくださる方は、ぜひメールにてお知らせください。

この大きな目標を達成するには、皆様の協力が必要です。ぜひよろしくお願いいたします。


はい。ということでした。こちらがとらくんからのメッセージでした。では、英語バージョンの方のみゅうちゃんのメッセージを入れたいと思います。


Hello, everyone! I'm Myu, a high school student in America, and also middle school student from Japan, and I've got something super exciting to share with you guys.


Let me fill you in on an amazing project my cousin, Tora is working on. You might know him, you might not, but it’s ok. Let’s keep going. He'll be going on a school trip to Nagasaki's Peace Memorial Park, a city with a major historical impact. Just like Hiroshima, Nagasaki suffered from the devastating atomic bomb during World War II. It's truly heart-wrenching, but it also inspires us to take action.


My mission is to pray for the lives that have been lost and spread the message of peace. We would love for all of you, regardless of where you're from, your ethnic background, or your age, to be a part of it! You are all welcome to join us in creating origami cranes. These delicate birds embody hope, unity, and the power of heartfelt prayers.


Our goal is ambitious - We are aiming to collect 10,000 cranes! It's a tangible way to show our commitment to peace and prove that together, we can make a real difference. ​The cranes we gathered, Tora will be taking those to Nagasaki on his trip.


By joining this project, you'll not only be supporting a worthy cause but also becoming part of a global movement towards a more peaceful world.


If you're interested, follow our project's Instagram account and shoot us a message (DM). I'd be thrilled to have you on board! Your support and participation mean the world to me.


Thank you so much for listening and considering this opportunity!


はい。みゅうちゃんからの英語バージョンのメッセージでした。ちょっと英語が上手すぎて、この後、何を話したらいいのかっていう感じなんですけど。はい、みゅうちゃんが言う通り、インスタグラムの方も、実はこのプロジェクト専用のインスタグラムの方がありますので、そちらのアカウントもぜひフォローしてみてください。


皆さんが鶴を折っている様子とかおったツールなどをアップデートしていきたいと思いますので、ぜひフォローの方よろしくお願いします。それからそのインスタグラムの方もね、ぜひ皆さんの友達の友達の友達の友達にもシェアして、その輪を開き、広げていっていただけると大変嬉しいです。

はい。ぜひ、フォローやシェアの方、よろしくお願いします。


で、長崎の平和公園に行くんですけど、修学旅行って言ってね、あの日本では大体、小学校、中学校、高校と、学年の、学校の一番最後の学年になると、大きなそういう旅行があるんですよね。


1泊2日とか2泊3日で、思い出作りに修学旅行っていうのに行くんですけど。今回は高校の修学旅行ということでとらくんは長崎の平和公園に行く予定です。そのときに千羽鶴っていうね、日本人がよく作るんですけど、鶴を千羽折って、大きな一つの束にして持っていくっていうことを学校のクラスからもやるそうなんですけど。


とらくん自身が思いついて始めたのが、いろんな年齢やいろんな国の人から、すごいダイバーシティに富んだ鶴を1万羽集めて持っていこうっていう、そんなプロジェクトを立ち上げました。今、このプロジェクトをみんなにシェアしています。このポッドキャストでもそのプロジェクトの方を紹介させていただいております。


ぜひ、リスナーの方で参加したいっていう方がいらっしゃると、本当に嬉しいです。なるべく多くのね、国を超えて、年齢を超えて世界中の人からいろんな年齢の人が折った鶴が集まってくると、本当によりインパクトのあるものになると思うので、たくさんの、これだけねたくさんの国の人が、平和を願ってるんだっていうことを伝えることができるので、なるべく多くの人に、皆さんからもシェアしていただけると本当に嬉しいです。


それから、長崎っていう都市なんですけど、ご存知の方もいるかと思うけど、知らない方のために説明をしたいと思います。長崎というのは、広島と同じように、1945年の8月にアメリカから原子爆弾、原爆ですね。投下されて被害を受けた都市として知られています。

広島と長崎に原爆が1945年に投下されました。長崎では約7万4000人の人が命を落として、その後もさらに数多くの人が放射能の影響や病気で苦しみました。それらを乗り越えて立ち直った、広島や長崎は今や平和の象徴都市となっています。


今ですね、本当にたくさんの人が日本に観光に来てくださってるんですけども、もちろん大都会のね、東京とか大阪、それから、お寺が綺麗な京都ね、それ自然が綺麗な場所。美しい場所に魅力を感じて旅行してくださってると思うんですけど。


ぜひ、私個人としては、広島や長崎も、皆さんの旅行の目的地の一つに入れてもらったらなと思ってます。なぜなら、広島や長崎には、広島平和記念公園、うん違う。平和記念資料館、平和記念公園というのがあって、戦争や核兵器の悲惨さを伝える展示があるからです。


でもねなんか楽しい旅行のときにあんまり暗い気持ちになりたくないなっていう意見も聞いたことがあります。わかります。怖いものを見たくないなっていう気持ちがあると思います。はい。実際ね、平和記念資料館の中に展示されている展示物や写真なんかは、本当に目を覆いたくなるようなものがたくさんあります。

実際にとらくんは、広島も平和記念資料館に行ったんですけど、途中から怖くなってしまって、抜け道から出ました。もう見てられないっていう方用に、途中からルートを外れて出る道があります。で、とらくんはそういう道を通って途中でギブアップしてしまったんですけども。


やっぱりね、戦争を知らない子たちにはちょっとショッキングな、ありのままの写真や展示がされています。なので、逆に本当にそういうのを見てもらって、戦争や核兵器がどれだけ恐ろしいものかっていうのも、私達、今を生きている私達が、子供とともにそれを見て、後世に伝えていってほしいなと私は思います。


そういった意味で広島や長崎は非常に訪れる価値のある場所だと思っています。はい。広島の平和記念公園にはね、有名な原爆ドームっていう象徴的な建物があります。それから、長崎には平和記念公園の中に原子爆弾の爆発によって破壊された教会の柱の残骸がそのままそこに残されています。

展示されて残っていますので、ぜひ皆さん、そこに訪れたら、立ち寄って見てみてください。この二つの建物は本当に広島や長崎の悲劇を象徴する建物です。こういうことを二度と起こさないようにしていきましょうっていう、語り続けていくべきシンボルになっていると思います。


なので、皆さんぜひ現地に行って、それを見てほしいなと思っています。


ここでなぜ折り鶴かというと、そのこともちょっと調べてみました。有名なストーリーがあるんですけど、広島でですね、2歳の時に被爆した佐々木禎子さんっていう女の子がいました。

佐々木禎子さんという方は、被爆ね、その原子爆弾の影響を受けて、受けるっていうことなんですけど。被爆から10年後の小学校6年生、12歳の時に白血病という診断を受けて広島の病院に入院したそうです。そのときに友達から迫る千羽鶴という千羽の折り鶴をもらいました。

友達から送られたその千羽鶴を見て、それをきっかけに、自分ももっと生きたいという気持ちを、気持ちになったそうです。生きたいという願いを込めて、貞子さんが飲んでいる薬の包み紙や、みんなからのお見舞いの品の包装紙なんかで自分も1000羽以上の鶴を負ったそうです。

でもその願い叶わず、8ヶ月後に貞子さんは亡くなってしまったんですけども。貞子さんの同級生たちが、貞子さんが亡くなった後、この悲しみを忘れないことと平和への願いを世界に届けようっていう思いで、原爆で亡くなった子供たちの霊を慰めるための、そして平和を築くための道を作ろうという運動が始まり、1958年に平和記念公園に原爆の子という像というものが建てられました。

原爆の子という像が広島にはあります。


はい。その周りに本当にたくさんの折り鶴が、千羽鶴ですね、千羽鶴が捧げられています。日本だけじゃなくて世界中からも、たくさんの千羽鶴が届いています。私も現地に行ってみました。


とらくんは千羽ではなくて、もう1万羽鶴にしようっていうプロジェクトを今回立ち上げたわけです。なるべくたくさんの世界の人から1万羽以上の鶴を集めて、こんなにも世界中の人々が国籍や年齢を超えていろんな人たちが平和を願ってるんだっていうのを、そういうメッセージを伝えたくて、今鶴を折ったり、集めたりしています。


現時点でも日本でもたくさんの人がこのプロジェクトに参加してくださり、たくさん鶴が集まってきています。それからとらくん自身が現地でもオーストラリアの現地でも鶴を折ってくださいと、自分で折り鶴プロジェクトを広めています。で、折り鶴を集めています。


それからみゅうちゃん、先ほどとっても流暢に英語を喋ってくれましたが、みゅうちゃんにもお願いして、アメリカのケンタッキー州からたくさんの人に広げて、アメリカ人だけじゃなく、いろんな人にそれを折ってもらえるように協力してもらっています。


そして、このポッドキャストからはですね、同じように、リスナーの皆さん、世界中でいろんな場所で聞いていただいてると思うんですけども。この折り鶴プロジェクトを伝えようと思って、今回発信させていただきました。千羽とかじゃなくて全然大丈夫です。


1羽でも5羽でも10羽でも構いません。手伝ってくれるっていう方がいらっしゃったら、ご連絡ください。折り紙じゃなくても大丈夫です。禎子さんは、薬の包み紙で折ったって書いてあるように、包装紙でもいいですし、どんな紙でもいいです。白い紙でもいいです。

コピーの紙でもいいです。それを正方形、わかりますか正方形、四角のね、紙にしていただいて、鶴を折っていただければ、どんな鶴でも構いませんので、ぜひ送ってください。そうしていただけると非常に嬉しいです。


詳しいことはメール、それからインスタのDMの方から連絡をいただければ、お伝えしたいと思いますので、送り先や作り方なんかもね、お伝えしたいと思いますので、詳細はメールやDMにて連絡ください。ぜひぜひ参加したいという人は、連絡お待ちしております。

それから、この折り鶴プロジェクトのインスタグラムのフォローもよろしくお願いします。


このね、鶴を折ることで、何か変わるのかって言ったら、それはちょっとまた難しいんですけど、ただみんながこういう平和を願って、特に今のウクライナ情勢やね、中国台湾間の緊迫状況とか、それから北朝鮮での核ミサイル開発。それから北朝鮮からたくさんのミサイルがね、日本の方に発射されてるっていうそういう状況をね考えると、平和を願っていない人はいないと思います。


なので、私達、世界中のみんなが平和を願って、戦争はやめようっていう気持ちであるんだっていうことを、少しでも誰かに届くことができたら、誰かに届いたら、そして少しでも本当に世界が変わったら、より良い未来へと導くことができたらという思いで私達は毎日鶴を追ったり、このプロジェクトの広報活動を続け続けています。


なので、なるべく多くの人に協力していただけると本当に嬉しいです。はい。ということで、皆さん一緒に鶴を折って平和のメッセージを世界中から広めましょう。はい。今回は通常のポッドキャストじゃなくて、この折り鶴プロジェクトのポッドキャストでした。


もちろんこのスクリプトもWebサイトの方から見ることができます。それから、ちょっとなかなかね、YouTubeの字幕が追いつけるかどうかわからないんですけど、スクリプトだけでもね、見れるように頑張りますので、そして字幕もなるべく見れるように頑張りますので、チェックアウトしてみてください。


それから、先ほど申し上げましたが、このプロジェクトのインスタグラム、tora_greatcranez_project、何とかだったかな?このプロジェクトのインスタグラムの方も書いておきますので、ぜひそれをフォローしていただけると大変嬉しいです。説明の方に貼っておきます。


はい。チェックアウトしてみてください。それでは、また次回も聞いてくださいね。さようなら


4 views0 comments

Comentarios


bottom of page